標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

下の区画からきめていく

メインの福平の畑は八つの区画に分かれていますが、下の方つまり南側の区画から耕したり種播きをしています。


上の方は、秋に耕さなかったし、マルチが残っているので、どうしても後回しになります。

⑦の区画は、最後の仕事の一つとしてTさんに耕してもらったのを思い出します。そのように畑仕舞いをしなければ、春に苦労することを思い知らされました。


今日はこの区画に、ホウレンソウ「オーライ」を5条(列)、野沢菜を9条播きました。


②の区画は、クボタの管理機では十分に雑草を処理できなかったので、今日移動させたホンダラッキーを走らせたら、まあまあの感じになりました。


ここには育苗中のつるなしインゲンとソラマメ、その他です。ミョウガを最下部に2列。


③の区画は、胡瓜支柱を残しておきましたが、下の支柱にはエンドウ、真ん中と右の支柱にはズッキーニです。手前のちょっと空いたところには、ソラマメです。


そのズッキーニですが、今朝の霜で全滅のようです。一日だけ、ずいぶん早い定植を喜ばしく思い、期待も膨らませましたが、やり直しです。自然には勝てない。


こうして、下の方の⑦、②、③の区画はきまってきました。問題は軽トラが通る通路の上の5区画です。


つい先ほどTさんから電話があって、来週水曜日に初回として来てくれることになりました。二人でひたすら管理機を動かしたりマルチを剥いだりってことになります。


パオパオを掛けたのに、ズッキーニがやられました。

これは持っていったソラマメの苗ですが、6本だけ植えて何の被覆もしなかったソラマメは霜でもへっちゃらでした。


なお「種播き器」にはこだわっていて、穴の大きさが違う三つを用意しました。


昼食のとき炬燵の上の七味唐辛子の缶に注目です。これ、いいのではないか?


私は今日は1粒も播かずに、妻が播いてくれたのですが、他のものには触らずに、善光寺の八幡屋磯五郎商店の唐辛子容器を使っていました。手播きより早く播けるようですが、どうも厚播きになっています。


簡易な種播き器なら、サカタのタネのオリジナル製品があるのですが、どっかに紛れてしまい、所在不明です。あれなら、カチカチと音がするところが楽しい、、、。


ただし、音はしているけど種は落ちていないということもあります(笑)。


管理機など運んだあと、軽トラを車検に出しました。
これから、祭の準備の神楽の練習です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。