標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

ピーマンは、今が最盛期かな?

今週は、昨日の月曜日から土曜日まで、6日連続で格別な用事がなくて、『毎日が日曜日』なのですが、日曜日気分を殺ぐのは、この天気です。


今日はちょっと出遅れて出荷に行き、午後になってようやく畑に至りましたが、30分ほど作業をしたところで小雨が降ってきて、それでも作業を続けていたら、本格的な降りになりました。


私は小屋に入り込み、妻は小屋の前の雨除けの下の椅子に腰かけて、雨宿り。小屋があるのはラッキーで、湯を沸かして好みに応じてコーヒーや紅茶を飲んで休憩です。


何という天気だろう。と、腹立たしくなりますが、今年の8月は今日まで必ず雨が降っているという仙台や、日照時間が平年の10%ではなく、1%であるという東北地方のある地区よりはまだ恵まれていると思うしかありません。


前置きが長いみたいですが、このように不順な天候でもあまりへこたれないのがピーマンかな?と、思いました。


ピーマンの株全体の3分の2ぐらいから収穫して、多分これで12kgだろうと思いますが、頼もしい、、、、。


このブログに、来年は今年の倍の500本ぐらいを育てると、この間書いたように記憶しますが、今日は、妻にも私の「決意」を伝えました。「はい。」と応じただけ。


どうせ、私が収穫を請け負うんでしょう?と思っているらし。たしかに、、、。性格の違いからか、苗の植え付けとか、細かなものの収穫に関しては、私は途中でいやになるけど、妻は辛抱強くて、最後までやり遂げる、、、、。


今日の初収穫の野菜。韓国かぼちゃの「リッチーナ」(タキイの場合)。


私が大好きなインゲンの「マンズナル」。これしか採れませんでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。