標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

「ムラ」の集会と、そのあとの慰労会

日本酒をたくさんいただいたので、帰宅しても、へたり込みそうです。よく無事に帰って来れたものです。結局、ブログなどと言わず、もう寝るしかないですね。


午前中は、まあ、まとも、、、。2時からのムラの各種団体の報告は素早く、すべて承認されましたが、そのあとの慰労会がきびしかったです。日本酒は、きく!危険です。


飲み過ぎなければ、百薬の長、、、、。


(この写真の説明からは、翌朝21日の記入です)
朝の柔らかい光を浴びる軒下の苗。実は、覆いを取って苗を見るのが、以前は喜びでしたが、今はそうでもないのです。


エンドウ苗が、なぜか傷んでしまったからです。

台所には、外に出すべき苗がぎっしり。


「実験」のために屋外、つまり、畑のビニールトンネル内に前の夜置き放しの小松菜とほうれん草。あまり冷えなかったので、全然平気です。


今となれば昨夜は、セルトレイ20枚ほどを置き放しに、、、。まだ見ていないけど、大丈夫でしょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。