標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

パクチー定植

Tさんに手伝ってもらった今日は、仕事をしながら写真を撮るのはなんか遊んでいるようで気が引けたから、5時過ぎにT]さんが帰ったあと、畑の様子の記録として何枚か撮りました。

これはサニーレタス。

ロログリーン。

リトルジェムロメインレタス。

小松菜「河北」。

コスレタス。以上は全部、あと数日で収穫できそうな野菜です。


これが、私が⑥の区画と呼んでいる一番広い区画で、その下(南)半分より少し狭い部分に11本の穴あきマルチ畝ができたのは、去年に較べたら、まあうまくいっていると思います。
特に最下部に」まともに野菜が育てられるのは、数年ぶりのことです。

パクチーの苗の大き目なものを植えました。


11畝のうち、上の方の2本はまだ何も植えられていません。


このように、最下部の畑のヘリまでごぼうの種を播きました。


昨夜の雨は、一時かなり激しく降ったので、耕耘や畝づくりには土が重すぎました。そこで、Tさんと二人で苗の定植と私は種も直播して一日が終わりました。


それはそれで、いい仕事ができた一日でした。私が播いたのは、枝豆の湯あがり娘、ただの大豆、鞍掛豆、丹波黒豆、上記のようにごぼう、大葉春菊と小松菜を混ぜたもの、赤丸はつか大根。


植えたものは4種類のリーフレタス、パクチー、小松菜「河北」、ホウレンソウ「オーラム」、スイスチャードでした。


明日は長男が勤めている病院へ。まさに土産としてリーフレタス5品種、ホウレンソウ2品種、アスパラガスを長男の嫁さんに持っていきます。5か月ぶりに、そういうことができるようになりました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。