標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

小型耕耘機が大活躍


今日は、今年初めて軽トラで畑に行きました。

耕耘機も持って行き、オイル交換をしたあと、⑦の区画を耕しました。

次は②の区画。こっちは、草がびっしりと生えています。胡瓜支柱も置きっぱなしだし、南側には茗荷が植わっています。もし茗荷の茎を片付けてなければ、ロータリーに絡むだろうなあ。

それに、食用ホオズキですが、これは取り除かないといけないだろうか?近づいて、見ると、いけそうです。たった2本で、このように繁茂しました。もう少し大粒の実なら、本気で育てて、出荷してもいいのですが。


午前中は時間切れ、ここまでしかできませんでした。やはり、これだけ雑草があると、午後も耕耘して一応いいことにしましたが、すぐに種を播くことなどはできません。荒起こしです。


しかし、小型ながら快調に動いて大活躍です。雑草が多ければ何度も走らせなければならず、いくらやっても雑草を粉砕とはいきません。緑肥を鋤き込んだと思えば、いいわけです。

耕耘機が活躍したように、妻が頑張ってくれました。


私は耕耘したり、いろいろしなければなりませんので、大変な作業で悪いなと思いながら、③の区画のキュウリネットとトマトやインゲンの枯れ枝の片付けを頼みました。


ネットは天辺で切って下に落としてあります。そうしないと、雪で支柱が歪んでしまいます。面倒なのは、支柱の足元でネットをビニタイで止めてあることで、全66箇所を外してから片付けなくてはなりません。


それをしてもらったのですが、行ってみると、トマトの枯れ枝と胡瓜ネットを丸めたものがまるで大玉送りのボールのように十ほどできていたので吹き出し、また、よくやるなあと感心しました。


それを畑の隅で燃やしましたが、よく燃えること。2本のグミの木を昨年秋に剪定したのですが、棘があって扱いにくい剪定枝も跡形もなく、また上の④の区画のナスの枯れ枝もきれいに燃えました。


清々したし、いい仕事ができた一日と思っています。


今日の種播きは、雑多な残り種。これも、袋が空になって清々です。
1.中国からし菜「セリフォン」 (サカタのタネ)
2.チヂミナ「みそめ」 (タキイ種苗)
3.F1ちぢみ菜 (国華園)
4.ビタミン菜 (国華園)
5.二十日大根「キャンドルファイヤー」 (国華園)
6.Pak Choi (パクチョイ) Johnson's
7.鍋物バッチリ水菜 (サカタのタネ)


昨夜の種播き。
1 ミニトマト「アイコ」 60ポット 3袋分 (日本農産)
2.F1早生丸ナス 80ポット (日本農産)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。