標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

雨で休み

夕方庭に出て向こうの山を見ると、山襞に霧が這い上り、これは晴れに向かう徴候です。



そんな遠くでなく、すぐ近くの山も霧に巻かれていました。今日は一日こんな具合で、何度か、晴れ間を見て畑に行こうと狙っていましたが、かないませんでした。


水はけのいい畑なので、今日ぐらいの雨ではぬかるむ気づかいはなく、むしろこういう土壌の状態だと、たとえばセルトレイ5枚に育つネギ苗などを仮植(長ネギは、育苗のための仮植)または定植(小ネギ)には絶好です。


出ようとすると雨がまたパラついて来たりで面白くなかったですが、根底には、本気のやる気はない。雨を幸いとして、畑仕事は休んでしまえという怠け心があったのは、間違いありません。


でも、昨日の収穫物の出荷にはもちろん行ってきました。車の温度計は23度という低さでした。


ナス栽培については、もう1冊『まるごと楽しむナス百科』という参考書が手元にあるので、少し読んでみました。


それと、Youtubeに「ナスの切り戻し」についての動画があったので、それを見て、多収の栽培技術を確認できました。


ナスは特異な野菜・植物であり、すべての葉の付け根から腋芽(わきめ)を出し、それを取り除くと、また出てくる、、、ここを押さえておくのが出発点ですかね。


同じナス科の野菜でも、トマトの一本仕立てなどでは、ひたすら腋芽を掻き取るのですが(私自身は、腋芽は一つも取らないソバージュ栽培ですが、、、、)、その伝で腋芽を除去するのは不可も不可。


残すべき腋芽と取り除くべき腋芽がよく分かっていることが、多収になるかそうでないかの分かれ目のようです。


そういうことを知っても、私の今年のナスは多収になりっこありません。今からいくら頑張っても、決してうまくはいきません。


それは、いくら高冷地だからといって、今ごろになって一番果の収穫を見るのは、2か月ほど遅れているからです。誘引の仕方も、問題外のようです。


だから、来年のナスづくりでは、種を播いて育苗することはやめて、苗を買い、しかもそれをビニールトンネルかパオパオのトンネルの中で大きくしようかと思っています。


2年前の現代農業の1冊は、イタリアンナスが特集記事でした。私はナス栽培が面白いので、これを読む前から様々な西洋のナスに手を出していましたが、有力な日本のナスである千両二号や早生大丸とは、育て方がまた違うようで、うまくいったという年はまったくありません。


去年の記録を見ると、10月26日に7袋出荷したのが、ナスの最後の出荷でした。


この点も、ここは高冷地なのだから、ナスなどは9月いっぱいできれいに片付けて、整地し、二十日大根や野沢菜を播くか、あるいは冬越しのほうれん草でも播くのが賢明だろうと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。