標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

仕事が進まない

朝さっと出荷に行って帰ってくるならいいけど、朝なお袋詰めをして出遅れ、午後ようやく畑に行ったと思ったら、2時間ほどで雨が降ってくる、、、、。


植え付けたり、種を播いたり、、、その前の畝つくりなどが、なかなかできません。


しかし、まあこれで仕方がないと思うし、6月はまだ数日あるけど、売り上げを昨年と較べたら、倍以上なので実は気をよくしています。


昨年に較べて、出荷できる野菜がたくさんある、、、。これは、妻が穴開きマルチ畝に定植する作業が好きで、辛抱強く、一つの欠株も無いように丁寧に植えてくれるからだと思います。


ネギの苗を植えて欲しいと言ったら、戸惑って場合によったらその仕事は拒否するのが分かっているので、そういうことは私がします。


私は私で、参考書で得た知識・方法が面白そうだとなれば、すぐにやってみるタイプです。

このように、多ければ5,6本もまとめて植えてみたら、苗をほぐす手間が省けるし、ネギのひげ根の土が落ちて赤裸になることもないからネギ苗にとってストレスも少ないだろうし、とてもいい植え方ではないかな?


ネギを植えたら、今にも振り出しそうな様子になったので、急いで野菜の収穫にかかり、取り残しが多々あるところ、降って来たので退散でした。


ネギのことだけでなく、その他いろいろなことがありますが、夜なべ仕事でついさっきまで野菜の袋詰めをしていて、疲れ、眠くてたまらない、、、、。


では、では。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。