標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

ナスを植える

ようやくズッキーニの花が咲きました。この日が来るのを待っていた、、、といえば大袈裟ですが、私の主力野菜であるし、育てるのは簡単ですが、私はズッキーニづくりを楽しみます。



今日はTさんのお手伝いの日でしたが、彼が来てくれたからこそ、突貫工事でまだ苗が残っていたピーマンの畝を作り、植えることができたし、ナスの畝づくりもできました。

ほんとは、ナスは胡瓜支柱を使って新規のつくり方を目論んでいたのですが、Tさんのお手伝いがあっても、とてものことにそのような手のかかることはできません。ごく普通のつくり方です。株間1メートルにしたので、あと2畝はつくらねばなりません。


同級会や戸隠講があって、そっちに時間を割かれた上に、何が優先かといえば収穫して出荷することなので、先週のTさんの手伝いの日から1週間以上、私は管理機を動かしていません。


今ごろという感じですが、①の区画が一番上まで耕され、その向こうの⑤の区画にはピーマンを280本ほど植えて、もう最上部に幅1.5メートルほど残っているだけになりました。


ピーマンは、一番早く植えたものでもまだこんな状態で、ちっとも大きくなりません。雨が少ないので、肥料が効かないのでしょう。


心配することはありません。水気が足りないので、根は下へ下へと伸びていて、今後がっちりした株になる準備をしているのだと思うことにします。


レタス類の畝は4本で、あちこちの畝で他の野菜と混植されています。ここは、一番最初に植えた畝で、1週間前にはぎゅうぎゅう詰めで盛り上がっている感じでしたが、この畝に関してはすべて出荷して、第2弾の苗を植えることができました。


ミョウガ。何となくここに種根を植えたのは秋ミョウガです。このわずかばかりのミョウガを、私は貴重なものと思っています。これを、畝を作ってうまく育てるのが楽しみです。


なぜかというと、秋ミョウガだからで、私はこの辺りで秋ミョウガを見かけたことがありません。わざわざ種茎を注文して育て始めた甲斐があったかもしれないと思うのは、それなりの場所に生えている夏ミョウガより、茎葉が大きいからです。


話が散らばった今日のブログですが、今日から私はやや落ち着くことができて、畑の様々な作物について注意を払うことができている、、、とういうか、できるんじゃないかな?という心持になれて、うれしいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。