標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

ガーデニング講座とマルチ張り

今日から6回のガーデニング講座が始まりました。

それは、去年に引き続き2年目として戸隠公民館が行うもので、初回だけは参加申し込みをしておきました。


合併前は戸隠村の柵(しがらみ)支所だった建物がいまは公民館になっています。



会議室で公民館長さんが、6回の講座の概要と戸隠の気候に合う宿根草の話をされたあと、現地見学といういうことで、公民館のすぐそばにあるお宅に歩いて移動です。


そのお宅の前の道路から見る廃校となった中学校と小学校ですが、どっちも私の「母校」です。


中学校の方が先に、30年以上前でしょうか、廃校になりましたが、これは昔の建物のまま。小学校は建て替えられましたが、10年ぐらい前ですかね、やはり廃校に、、、。


その小学校の校舎ですが、今は全館が戸隠地質化石博物館(長野市博物館の分室)となっています。


要はこの辺りは村の中心部で、今もJA,郵便局、学校跡、医院などがあるのでそれは変わりませんが、実に寂しい限りです。


かつては衣料品店だったMさんのお宅では、奥さんが庭に出て手入れをしているのをよく見かけていましたが、今日見学ガーデンとなって行かしてもらうと、なるほどたくさんの植物でした。


参加者には3ポットの宿根草のプレゼントでした。私がいただいてきたのは、サクラソウ、不明、不明の3ポットです。わざと植物名は尋ねなかったです。それが何か、突きとめます。


午後、メインの福平の畑に行ったので、さっそく「花壇」に植えました。石を置いてこの大きさ・広さ、、としましたが、もう少し大きなものにしようかな?


数年の焚火のあとのカリ分がめちゃくちゃ多い、まあ汚い土でも何とか育つでしょうかね?そのうち、清浄な普通の土になることでしょう



剥いで耕耘しなければならないマルチが10数本ある一方で、新たにマルチを張って野菜を植え付けねばなりません。


今日は①の区画に2本穴あきマルチを張り、サニーレタスとロログリーンというリーフレタスを定植しました。こういう仕事は、達成感もあり、嬉しい仕事です。


今までいろいろな野菜の植え付けは妻にしてもらってきましたが、今日は私がしました。この、上記のような達成感と愉しさは、何だろう!だから、野菜づくりは、実益もあるし、愉しくてやめられないと改めて思いました。


今日の公民館のガーデニング講座に参加したのは、今後は孫たちも来ることになるだろうから、野菜づくりは愉しくやっているけれど、庭や家の周りも少しは見栄えよくするきっかけとなると思ったからです。


目的達成かな?畑に行かれない雨の日などに、ただの広場状態の庭だけでなく、母屋・土蔵・ハウス・車庫の周囲も、まずは小奇麗にして、何か植えてみようか。そう思うようになりました。

夏の菜っ葉

昨夜、エンサイとも空心菜とも言われる南方の野菜のタネを撒きました。


こレを育てるのは初めてです。

ポットに2粒ずつ播いたら、62ポットでした。だから、1袋は124粒入り、それが150円+消費税とは、安いですね。


このエンサイは、最も勢いのある野菜で、5m四方の広さに1本でいい、こんなに収量の上がる野菜は他にはないと、ある野菜づくりの参考書に書かれています。


アレチウリか、日本固有の葛のようじゃね。旨くはなさそうな野菜。野生の昼顔なんじゃあるまいか?


またまた今日もムラの祭の準備の集会があって、後片付けもあり、疲れました。


(ここまで書いたら、もう眠くてたまらず、昨日は寝てしまいました。翌日の4月25日、別に写真の説明というわけではなく、書き足します)


ホームセンターで、ミニトマトの「アイコ」のポット苗を三つだけ買ってきました。サカタのタネのミニトマトですが、一昨年に初めて育ててみて、これは実割れもないし、美味しいし、優秀なミニトマトだと感心しました。


昨年は、別の種苗会社の「シシリアンルージュ」とともに、アイコも放任(ソバージュ)栽培をしたら、問題なくそれに耐える、適することが分かりました。


だから、今年はもっと多くアイコをソバージュ栽培するという野望を持ったのですが、育苗に、、まあ、失敗。ちゃんと育ったアイコの現物を3ポットだけ手元に置きたかったのです。


少し遅れるけど、私が播いたアイコもあるにはあります。意気込みが十分すぎたので、落胆が大きいけど、あるにはある、、、。


写真は、何枚も撮らず。庭先の畑のほうれん草と大根が、まあ育っているというだけの2枚です。


タキイ種苗から、私の今年のこだわりの野菜のタネが届きました。


コリアンダーは、実った実の方に注目した英語名でしょうか。青い茎葉はパクチーの方が通りがよく、タイ語でしょうか。


強烈なカメムシの匂いがするので、絶対にダメだという人がいる一方で、好きな人は好き、、、。3会食するとはまるとも言われますが、私もそう思います。ものすごく好き!というほどではありませんが、ニンニク同様で、今では会社勤めをして人に会うこともあまりないので、平気で食べます。


コリアンダーは、セルトレイに播いたのがうまく発芽しなかったと勘違いしたので、播き直すために注文したのですが、実は、セルトレイ4枚にちゃんと育っています。


西洋ネギのリーキは、私がいま冬越しの野菜として注目している野菜です。


小松菜やホウレンソウの冬越し栽培には失敗しましたが、リーキは、もちろんこれも雪に埋もれる前にどのくらいの大きさにしなければならないかとか、むずかしところはあります。私も、よくはというか、少しも、分かりません。


ところが、昨年試しにつくったリーキは、秋のうちに大方自家消費して、20数本しか残っていませんでしたが、雪が融けたあとは日本のネギとは違って、すぐに立派な姿になりました。


これは、すごい!写真を撮っておけばよかったです。今年のようにエシャレット、ニンニクの芽、アサツキなどの出荷調整に苦労するのは願い下げで、断然ボリュームがあるこっちにすると、、、まあ、一時の気の迷い、獲らぬ狸の皮算用ですね。


まだそんなに認知されていない西洋ネギですが、私は、大注目です。こちは、育苗にはっきりと失敗。育苗という前に、発芽しませんでした。なんでだろう?

冬越しの野菜は失敗

朝4時半、もう東の空が明るくなり、下弦の月が見えます。
日が長くなり、夏至まではまだ日数がある4月、5月は私の最も好きな季節です。
しかし、今ごろ怖いのは遅霜で、このように晴れると今朝も霜が降りました。


今日は全くフリーの一日です。
冬越しの野菜は5,6種類は畑にありますが、すべて播くのが遅すぎて、小さいまま薹立ちしかかっています。もっと早くに、もっと株間を広く育てなくてはものにはなりません。
譲り受けた中古の播種機は、どんな野菜のタネでも厚播きになってしまうので、使えませんね。これは、小松菜だったかな?


今日はマルチ剥ぎは1畝だけ。マルチ畝の間をあちこち耕して回りました。それが私の主な仕事でしたが、何をしても風が冷たい、、、。
することは山ほどあって、例えば写真の真ん中に突っ立っているのは萩の枯れ茎です。固いのでノコギリでないと切れません。気にしながら、何日もわずかな時間で済む作業ができないままです。
畑のあちこちに、そのようなちょっとした作業が、いっぱいあります。


妻は、コールラビを植えました。仕事が丁寧過ぎるので、時間はかかります。128穴のトレイ5枚分の苗でしたが、欠株もけっこう多かったので350本ほどでしょうか。


帰りがけの飯縄山。この様子だと、明朝も霜でしょう。