標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

夏の名残り

数日前のよく晴れた日には、ミンミンゼミとキリギリスの鳴き声に、少し驚きました。


今日は、格別注意したのではありませんが、もうそれらは聞くことができませんでした。

畑を立ち去る時の空は、いかにも秋の空です(昨日の空)。


それでも、夏の果菜の一つであるナスは、まだけっこう実ります。皮が突っ張った感じで、品質はやや低下してきました。


ピーマンとミニトマトは、まだ盛んに実ります。インゲンは、二度目として播いたものは、ようやく実り始めたばかり。ズッキーニは、いいものが採れるはずのところ、蔓の先が折れた株が多いのは残念です。


どうも、私は夏の野菜を遅くまで引っ張るのが「得意」みたいで、毎年多くの生産者がもう出せななくなってから、平然として出荷し続ける傾向があります。


何、それは、適期に定植などができず、作業が遅れがちになる怪我の功名ですかね。


ただし、私の夏の果菜類は、株間がふつうよりは広いかも知れず、それがいいのかも知れないとも思います。株間が狭いと根が絡み合い、けんかをして、早く凋落するのでは、、、?


夏の菜っ葉類では、オカヒジキ、ツルムラサキ、モロヘイヤ、空芯菜を育てました。


これらについては、彼岸の今となれば、もう総括していいでしょう。来年は、空芯菜はやめておきます。売れないから、、、。


オカヒジキは今年の倍か3倍をつくり、早めに店仕舞いをする。ツルムラサキは、今年は紫軸のものだったけど、来年は緑のものだけにする。モロヘイヤは、もっと多く育てる、、、。


夏の菜っ葉というのもなんだけど、意外によかったのは、紫蘇とパセリでした。葉柄というか茎をさっさと切って、多めに袋に入れて出荷するのです。




明日、旧友6名がこっちに来て、私を含めて7名の再会。明後日には、仕事の都合でその日しかダメなもう一人が参加。


この小同窓会のあれこれの行程の中で、私が一番気にしたり、緊張したり、楽しみにしているのは、最初の訪問地である、管理の行き届かない私の畑、そこでの乾杯・歓談です。


小屋の中にいて撮ったので、全容が分かりにくいのですが、こういうのをタープテントということを初めて知りました。19日はTさんの手伝いの日だったので、二人で小屋の前に張りました。


ところが、昨日畑に行ったら、それがぺしゃんこになっていました。昨日はそのまま打ち捨ておいて、今日、立て直しましたが、何のことはない、、、。


メインの支柱2本を立てる前に、そこに19mmの農業用の鉄管を挿しておき、括り付けてから始めれば、難なく一人でピンと張ったテントが立てられました。


旧友との再会、楽しみです。

やはり、ニンニクはつくろう

数日前にネットで注文したニンニクの種球が届きました。


1kg入りが3袋で1000円ちょっとのものを3点頼んだので、合計9kgです。

箱を開けてみて、なかなか立派なニンニクなので満足しています。種球が大きくなければ、大きなニンニクの玉にはならないってことは、言えると思います。


この値段では、当然のことながら中国産のニンニクですが、ここで育てれば戸隠産のニンニクになります。


有名な青森県田子町のニンニクは、食品としても種球としても高価で、手が出ません。ネットでチェックしたら、田子町のニンニク2Lサイズ10玉が6千円という商品もあって、私は眼を剥きました。


3年前だかに注文して育ててみましたが、何故かニンニクの大きさが不揃いとなったし、ニンニクみたいなもの、芽が出るに決まっていると思ったら、そうでもないので、がっかりしました。


生産者として福地ホワイトには、一度の体験で苦手意識を持ってしまった上に、消費者としては、我が家ではニンニクはそれほど食べないし、違いが分からないのです。自分であまり食べないものを出荷するのは、気が引ける。


今回、安めの中国産の種球をゲットしたのは、ほんとによかったです。もう一度というよりは、初めて本気で、やってみます。ついこの間までは、実は、ニンニクなどはもうやめようと内心に思っていたのです。


エシャレットという野菜がありますが、それは、私の手には負えないです。相当な注意を払い手入れをしても、いいものにはなりません。注意も手入れもしないので、いいものにはなりっこない。


その2列は、先月だと思うけど、管理機を走らせて耕耘しましたが、そんなことでネギ類の球根はへこたれない。その時に、ニンニクもやめようと思ったのですが、いま言わば踏み止まって、ふつうのネギ、タマネギとともに、ニンニクもしっかりと育てようと思っているわけなんです、、、、。

畑にテント

こちらでは台風の暴風雨もなくて、助かりました。


収穫間近の品種のリンゴを採るか採らないか、リンゴ農家はむずかしい判断を迫られたと思いますが、昨日直売所への出荷で長野市街に下った際には、急いで収穫する様子は見られませんでした。


台風一過の青空ですが、昨日の写真で、昨日はブログは休みました。


2か所への出荷や買い物で、美しい秋晴れのけっこう長い時間を、畑ではなく長野市街で過ごしてしまいました。


そのことが残念な感じがしたので、夜もけっこう遅くなってから、セルトレイに種を播きました。


「三陸つぼみ菜」の種を、200穴トレイに2粒ずつ播いたら、4枚のトレイに播くことができました。150円+税の安い種で1600粒入っていたわけです。


つぼみ菜は、要は菜花であり、次々と伸びてくる花茎を掻いて収穫するのですが、1600本を理想的に育てれば、1本というか1株が100円にはなるでしょう。そうすると、150円+税の1袋で、16万円の売り上げを上げることができる、、、、。


獲らぬ狸の皮算用の夢想ですが、原価を安くして、あまり手もかけずに売り上げを上げる方法を考えるきっかけになりました。


もう一つは、100円ショップでは種袋二つを100円+税で売っています。その安さから、古い種を袋詰めし直しているのだろうと、今まで私は考慮外でした。


ところが今回買った大葉春菊と三池高菜とは、16mと私の畑では最も横幅が短い区画に播いたのですが、様子を探りながら播き始めたら、どっちも1条(列)では足りない、つまり種が多過ぎることが分かり、結局どっちも2条ずつ、、、、。売り上げはいくらになるか見積もりできませんが、16mの種代がたった25円+税という安さは、実に痛快です。


種代が安けりゃ安いほどいいという話ではなくて、栽培のし易さ、栽培にかかる手間、栽培期間の長短、興味深さ、販売単価の大小、、、、。


今さらではないですが、ひたすら有利な野菜を探し出して行こうというのではないけど、ちょっと考えるきっかけの葉菜の3品種です。


私の場合は、今年ピーマンを小規模だけど250本ほど育てて農協出荷も初めてやってみて、ピーマンがいけるという実体験、それと、ソバージュ栽培のミニトマトはもっと行けるだろういう感触を得ました。


ミニトマトは、今年はわずかに10m×両側で20mに過ぎないけど、来年は18m×両側×3本で行こうかな?


そうなると、毎日ピーマンとミニトマトの収穫と袋詰めに、かなりの時間をとられるなあ、、、、。

今日はTさんの手伝いの日で、いろいろなことをしてもらったり、一緒にしました。


その中でも、工作が苦手な方の私一人では自信がない作業として、貰い物のテントを、畑の小屋の前に張るということがありました。


Tさんは定年後に、戸隠キャンプ場で働いたことがあるので、こういうことは、まさにお手の物です。ただし、これは宿泊用のテントではなく、バーベキュー用、、、また、ここに泊まるなら、この中にドーム型などのテントを張る必要があるそうです。それは、そうですね。


私は、23日に大学の時の旧友が6名、私のこの手入れの行き届かない畑に来ることに、私がもちかけた行程の一つではあるけど、段々「緊張」していました。


二つの袋に入っていて、一体どういう形のものかも知らなかった『テント」が、張ってみればこういうものか。


これ、いける!天気のことも気にしていて、気にしても、雨なら雨でどうしようもないのだけど、これがある以上、ここに駆け込めばいい。7名が3年ぶりに再会して、「乾杯!」が、できますね。


戸隠に来てくれる6名の中の3名は、30年以上前の私の結婚式にも来てくれたのですが、前日の彼らの驚くべき行動を思い出しました。


結婚式の会場は、善光寺の裏手にあって、そこに私が宿泊の手配をしました。宿泊料金は、まず、私が払ったのではないですね。


長野駅に降りた彼ら3名は、中央通りを北に向かって歩くのに、ここはよさそうと見た蕎麦屋6店で蕎麦を食べたのでした。


このことは今日ではなく2週間も前に思い出したので、定宿となっている宿坊に宿泊人数の確認の電話をした時に、夕食の蕎麦のお替わりについて聞いてみました。


どうぞ、どうぞ。好きなだけ、お代わりしてください、、、と。追加料金、なし。飯櫃にあるご飯を、旅館などの朝食でそうであるように、どれだけよそって食べようが構わない感じで、対応してくれるようです。


蕎麦は、前もってどさっと出しておくわけにはいきませんが、蕎麦店とは違う、宿坊のこのお替わり自由を、私が今回まで知らなかったのは、申し訳なし、、、。