標高900mの畑、戸隠での野菜づくり

『農家日記』を付けていますが、その補遺のようなものです。
補遺というよりは、写真も貼り付けたりすれば、野菜づくりについては、こっちの方がメインの記録になるかな? (2017年3月1日)

鬼女の岩屋

私のメインの畑から北に見る荒倉山は、鬼女紅葉(きじょもみじ)の伝説の山ですが、二男が友達と来たので、そこを超える林道を行ってみようということになりました。


その林道の一番高い所はトンネルで超えるのですが、トンネルの入口からわずか100mのところに紅葉が住んだとされる洞窟があり、4人連れなのに勢いを得て、私の妻が行きましょうよと言い出しました。


私としては、小学生の時に何回か行った所で、50数年ぶりに行ってみると、はっきり言って、このような小規模な洞窟に紅葉という京の都の女郎が住んで、配下の郎党を持って「悪事」を働いたとは、とても思えませんではした。他にも、荒倉山には鬼女紅葉にまつわる場所がいくつもあり、今は長野市域であるかつての鬼無里村は、その鬼のいない里という奇妙な村の名からして、この伝説に深い関わりがあります。鬼無里では、鬼女どころか、善政を施した都の女という位置付けらし、、、。


戸隠・鬼無里両村でもって、東北のどっかで生まれた幼名呉羽(くれは)、その美貌をもって京に上り、天皇ではなかったと思いますが、誰かの寵愛を受けていい気になって権勢を振るったのでこの山里に追放された後の名は紅葉(もみじ)、、、。


あとからのこじつけというには、念が入りすぎているので、何かあったのだろうと思います、、、。よく分からない。第一、私としては、何も「研究」していないので、あれこれ言う資格なしです。


初めはこの荒倉林道を行くのを不気味がった妻が、ぜひ行ってみたいと、ついの住処となるこの土地の郷土愛に目覚めたようなことを口走ったのを、私はまあうれしく思います。


荒倉林道を行くなら、私が何度見ても飽きないのは、人工物が全くないこの眺望です。今日は、見事に水平の雲が戸隠西岳の尾根を隠していましたが、、、、。

絶景に見とれる二男(手前)と、その友人。そのM君ですが、ほんとにいい男と思いました。4歳と2歳の子がいるそうですが、「また、来ます、子どもを連れて、、、」と言って、先ほど二男の運転する車で長野駅に向かいました。


去年のお盆ごろには、長男が知り合いのベルギーの若者を連れてきたし、今回は二男の友人、、、。


あばら家だけど、ごちゃごちゃしたものがないすっきりとした古民家にすべく頑張ってくれたのは、まさに二男です。母屋も土蔵も、素裸の、貧しいから物がなかった、私が子どもであった時の状態に戻った感じです。


荒倉林道の入口に、荒倉キャンプ場があって、今日は信じられないような賑わいでした。目を疑う、または目を見張る、、、。長野ナンバーの車が、ざっと見て5,60台。小学生以下の子供たちと、その親たちが200人以上、、、。


毎年10月の紅葉のころ、このキャンプ場で鬼女紅葉祭が行われて、「能楽堂」がその一画にあるのですが、謡がうたわれ、他に何かが演じられるようですが、その時以上の人出で、びっくりしました。


二男が今回帰省したのは、このため、、、。主に土蔵にあった古い家具類を処分することでした。これで、ほぼ終わりです。我が家の土蔵にあったものは、すべてガラクタで、お宝は一つもなし。畑に持っていって、燃やす。男3人は、盛大なキャンプファイヤーを見ながら、ビールで乾杯。


土蔵そのものも、もはや打ち壊して支障はないことになりましたが、それをするなら大変なお金も掛かるので、もちろん、残します。では、どうするか?結局は収納場所ですよね。


二男がこの家の片づけにこれだけこだわったのは、口には出さないけど、先のことを思っているのかも知れません。この家に住んで登校したことは一日もないけど、我々夫婦が亡き後も、いわば別荘として、保持したいのかな。かなり気に入っているようです。


それで、いいです。

サツマイモを植える

昨日はTさんが手伝いに来てくれた日で、サツマイモの苗200本を植えました。

幅180センチのマルチを使いあぐねて、4,5年もただ保管していましたが、今回それを使いました。


サツマイモはイノシシやサルの好物ですが、コガネムシの幼虫も齧り、穴を開けます。幅広のマルチの裾を畳んでおいて、イモが付き始めるころに目いっぱいに広げると、雑草防止になるし、コガネムシも卵を産み付けられない、、、。なるほどなあ。東山広之さんの本に書かれていました。


ジャガイモの2畝。イモを植え付けたのではなくて、苗を植えたのですが、内心にそのことを得意に思っています。


左の畝の手前に芽が出て「苗」が育っていますが、これは苗を剥ぎ取られたイモを埋めておいたら2度目として出てきた苗です。搾取する。一本の芽というか苗も無駄にしない、、、。


畝の写真ばかりですが、これは野沢菜。ふつうは漬物用に秋につくられますが、炒め物や味噌汁にして美味しいです。そろそろ収穫できます。


これは5畝のピーマンの畝。昨日は、ピーマンの植え付けはできませんでした。三日続きの雨で活着し、もう大丈夫です。


昨日は、二男が岡山での小中学校の時の友人を連れて帰省しました。たくさん飲んだので、私はまあ酔いつぶれて、ブログも書けず、、、でした。


土蔵になお処分すべきタンスなどがあるそうで、東大卒のシティーボーイをその方付け作業の手伝いに連れてきた感がありますが、彼は喜んでやってくれたようです。私が畑から帰ったら、タンスやら長持ちやらが庭に出ていました。


隣の家のお兄ちゃんがやってきて、こうしたらどうか、、、と。タンスのような物の角を、地面に打ち付けるのです。何度か持ち上げて打ち付けると、見事につぶれました。引っ越し業者に勤めたことがあるそうで、我々には思いがけない新知識です。妻に缶ビールを持ってきてもらい、4人で庭で祝杯を挙げる。


6,7品種ものリーフレタスのサラダ。妻も含めて4人が、こんなに大量のレタスを食べたのは、たぶん生まれて初めてですね。

最近畑の写真を撮らなくなった理由

特に原因も理由もありません。しばしば畑にある小屋に入り込んで休んでいますが、いつだって仕事に追われているからですね。


気持ちを腐らせていると言っていいこともあって、それは、今年の遅かった春に妻とともに丁寧に種まきした大根とホウレンソウがトウ立ちしたこと、石灰を施すのを忘れていたのでホウレンソウの成長が悪いこと、、、などです。


トウ立ちの基本的なことは分かっているつもりですが、その機微は玄妙です。畑によっても違ううし、直播したものとセルトレイで育苗したものとで違いが出るので、結局よく分からない、勉強が足りないのでしょう。


トウ立ちの遅い品種を選んでいるし、播き時を誤ったとも思わないのに、、、、。


昨日の夕方から久しぶりの本格的な雨となりました。植えたばかりのもの、播いたばかりのものが畑にたくさんあるので、これは恵みの雨でした。


今日の午前中は降りましたが、8時半に出発して長野(市街)に向かう時には川霧が立ち上っていました。


小田切地区から西の方を見た時の霧は、犀川から立ち上っています。


東の方を見れば濃い霧ですが、これは千曲川からの霧です。


霧が立ち上れば晴れに向かうことは、そのつもりで見れば間違いないことを
今年は知りました。明日も雨という予報なのに、午後になって思いがけずに晴れたので、畑に行くことができました。


これは予想外のことで、気持ちを腐らせているどころか、晴れ晴れとした気分になりました。ただし、写真を撮ることは忘れていて、今日の撮影は川霧の2枚だけです。


昨日までの3日間で、他にもいろいろ作業はしたのですが、5畝を作ってピーマンを、今日しっかり数えたら、ちょうど150本植えたのでした。


今日はそのピーマンの畝の両脇に、チンゲン菜、赤丸二十日大根、中葉春菊の種を播きました。ピーマンの手入れ作業の邪魔になるだろうなと思いながらも、一石二鳥、一挙両得を狙うこの種まきの誘惑には勝てません。


ピーマンの畝は10畝になると思います。その各畝の両脇全部に、何かしら背丈の低い野菜の種を播いてやれ!邪悪な気持ちでそう思っていますので(笑)、たぶん実行します。